もし交通事故の被害者になってしまったら、速やかに適切な行動をとることが大切です。

○   加害者の運転免許証を見せてもらい、住所・氏名を確認しましょう。車のナンバーを控えておくことも
      大切です。

○   加害者は事故の報告をする義務がありますが、被害者からの届け出も忘れずに行いましょう。
      そして「交通事故証明」を申請してください。保険金の請求手続きの際に必要となります。

○   事故に遭ったら医師や柔道整復師などの診断を受けることが大切です。
      診断書を発行してもらったら、必ず管轄の警察へ提出してください。これにより人身事故扱いとなります。
      また、自賠責保険への治療費請求が可能となります。

○   自分の加入している自動車保険会社や代理店へ報告してください。

○   通院・入院が必要となった場合、保険会社の担当にその旨を伝えてください。
   万が一事故にあって治療しなくてはならない時、さまざまな分からないことがあると思います。 ここではそれら疑問に対してQ&Aでご説明させていただきます。
接骨院でも交通事故のケガ(ムチウチ・打撲など)の治療ができるの?
はい、できます。柔道整復師という国家資格を持っており、健康保険はもちろん交通事故に
おける自賠責保険の治療も行うことができます。
交通事故の後は病院(整形外科など)に行ったほうがのいのでしょうか?
交通事故では体に対し大きな衝撃が加わっているので、その場で体に症状が出ていない、
または軽くても後から症状が強まるということが多くあります。そのため、一度は病院で
レントゲンやCT、MRIなどの検査を行い、体に大きな問題がないか診断してもらいましょ
う。問題がないことがハッキリするだけでも安心できると思います。
今現在、他の病院(整形・接骨院)に通院しているのですが、すみや接骨院に転院することは
できますか?一番最初に受診した病院でしか治療できないのでしょうか?
最初に受診した病院でしか治療ができないという事はありませんし、転院もできます。その
場合は保険会社に連絡し、転院したい旨を伝え、保険会社から直接すみや接骨院に連絡をして
もらうようにしてください。その後の詳細や難しい内容については当院と保険会社で話をしま
すので、患者様は治療に専念していただけます。
整形外科と接骨院はどう違うのですか?
交通事故の治療に関していえば、病院は検査設備が充実しており、注射や投薬が可能です。
治療としては、牽引や低周波・干渉波治療が主になり。特別に「ムチウチのための治療」
ではないこともあるようです。
   一方、接骨院ではレントゲンなどの検査設備はなく、徒手検査が主になりますが、治療は
患部の状態に合わせた手技療法と、特殊な微弱電流治療器(アキュスコープ・マイオパルス)
を使用し、ムチウチの治療はもちろんですが、さらに患者様一人ひとりの症状に合わせた細
かい治療を行うことができます。
治療費はどのくらいかかりますか?
自賠責保険適応での交通事故治療の場合、示談前であれば患者様の窓口負担はありません。
(ゼロです。)ですので安心して通院・治療していただけます。